ギター

エレキの弦の太さの種類と音の違い!初心者でおすすめや選び方も詳しく


ギターを手にしたばかりの初心者ギタリストがまずぶち当たる壁は弦交換ですよね。

でもギター初心者で知識がないうちは、どの太さの弦を選んだらいいかわからないですし、太さでどう音の違いが出るのか分からないものです。

そこで初心者の方にもわかりやくすく、弦の種類や太さにはどのようなものがあって、どんな違いがあるのかを紹介していきたいと思います!

エレキの弦の太さと種類!音はどう違う?

楽器屋に並んでるギターの弦を見比べても、違いは全然わからないですよね。でも実は色々な種類の弦があるんです!

弦の種類

まずは弦の種類は

  • ニッケル弦
  • ステンレス弦
  • コーテッド弦

の3つあります。一つずつ特徴を紹介していきます。

ニッケル弦

昔から幅広く使われている最もポピュラーな弦です。錆びにもそれなりに強く、柔らかめの音になります。

一番人気の種類なので、迷ったらニッケル弦を選ぶと良いかもしれません。

ステンレス弦

ステンレス製の硬い素材なので、耐久性に優れています

汗などによる錆や汚れが強く、シャープでパリッとした硬い音が特徴です。

独特のクセを持っているため、カッティングプレイができるようになりたい!と考えている方におすすめです。

コーテッド弦

上記2種類の弦より格段に耐久性も高く錆にも強くなっており、通常の弦の4倍も長持ちするそうです。

その反面高価な商品が多くなってきますが、長期間劣化することなく使用できるため、プロの現場でも使われているものになります。

それぞれの特徴を見やすくまとめておきます!笑

弦の種類 特徴
ニッケル弦 一番標準的。やわらかめの音
ステンレス弦 耐久性高。 硬めの音
コーテッド弦 耐久性最高。4倍長持ち

コーテッド弦についてピンとこない方はこちら!

 

 

弦の太さ

弦の太さも3種類あります。

ライトゲージ

6弦:0.046、 5弦:0.036、4弦:0.026、3弦;0.017、2弦:0.013、1弦0.010

各弦このような太さになっています。標準的な太さで、レスポールタイプのギターに貼られていることが多い印象です。

スーパーライトゲージ

6弦:0.042、 5弦:0.032、4弦:0.024、3弦;0.016、2弦:0.011、1弦0.009

こちらもとてもポピュラーなものになっています。現代ではこの太さが最も標準となっていて、初めての方にはオススメできるかと思います。

ヘヴィゲージ

6弦:0.052、 5弦:0.042、4弦:0.032、3弦;0.024、2弦:0.016、1弦0.012

とても太くてパワーの出るゲージです。柔らかめのネックのギターだと反ってしまうことがありますが、メタル系サウンドやパワーコードを多用したい方にオススメです。

その他

上のような代表的なゲージの他にも、メーカーによってそれそれのゲージがあり、それぞれに特徴がありますが、まずは定番のゲージを使っておくのが良いと思います。

一般的には、細いゲージの方が、

  • コードを弾くとき力があまりいらない
  • 切れやすい
  • サウンドのハリが弱い

などの特徴があります。

スーパーライトゲージよりも細いエクストラライトゲージというものもありますが、弦を押さえる痛みを我慢できない方や、小さいお子さんが使うことが多いもので、

ビビリが気になりやすいためあまり一般的ではないようです。

しかし、ギター初心者の方からしたら、どれが自分に合っているかなんて分からないと思います。

そこで、どんなことに気をつけて弦を選んだらよいのでしょうか。

初心者の弦の選び方

楽器を始めたばかりの方は、あまり音の違いなどが分からないと思いますので、

音の違いよりも、弾きやすさコストパフォーマンス耐久性等で決めるのが良いと思います。

自分のバンドを組んでいたり、部活に入っていたりで頻繁にギターを使う方は、交換も頻繁に必要になるので、

値段の安いものを選んで、大事なLIVEに前だけ良いものに張り替えるのがいいと思います。

趣味としてたまにギターを弾く程度であれば、長持ちしやすい弦を使用した方が経済的に安く済ませられます。

自分のライフスタイルにあった弦を選ぶと良いでしょう。

次の章では、具体的にどんな弦がおすすめなのか紹介していきたいと思います!

初心者におすすめな弦の太さや種類は?

初心者におすすめの定番の弦をいくつか紹介したいと思います!

DADDARIO/EXL120

ダダリオは、エレキギターの2大メーカーといっていいほど幅広く使われている弦です。弦が種類ごとに色分けされており、初心者でもどれが何弦なのか一目でわかるようになっています。

 

ERNIEBALL/Super Slinky

アーニーボールも、ダダリオと並ぶシェアを誇る弦です。そのアーニーボールの中でもこのモデルが、スタンダードな太さをしています。

アニーボールは、ダダリオに比べてバキバキとした音が出る印象で、好みが分かれる音かもしれませんが、他の弦と比べて値段が安く寿命が短いと言われています。

 

ELIXIR/NANOWEB Light Long

コーテッド弦の代表のエリクサーです。ブライトさはあまりなく、柔らかい音が長い間続くイメージです。

弦の表面がコーティングされているため、6ヶ月という長寿命を誇ります。

あまり頻繁に演奏をしないという方は、弦交換の手間を省くことができますのでおすすめです。

まとめ

ギターの弦は、定番のものからそのプレイに特化したものまで、様々さ種類の弦が発売されていますが、初めは違いなんて全然分からないと思います。

いろんな弦を試してみて、弾きながら少しずつ体感していってほしいと思います。

個人的には、初めは弾きやすさを重視した弦を選んでほしいと思います。

初めたての頃はどうしても上達できないと挫折しやすく、諦めてしまいがちです。

まずはギターの演奏を好きになることが大事なので、難しいこと考えずに弾きやすいやつを選んじゃいましょう。

演奏が好きになれば自ずと自分の楽器を研究するようになって、音の違いにも敏感になってきます。

今回紹介した弦以外にもたくさん弦は発売されているので、ぜひ自分で開拓していってほしいと思います。