カラオケ

ビブラートのコツ!初心者でもできるボイトレ方法は?カラオケで高得点が狙える!


カラオケに行く機会って、意外と多いですよね。カラオケでうまく歌えたらいいなと、きっと誰もが思うことでしょう。

そこで、ここではカラオケの採点で高得点を狙えるビブラートのコツ、初心者でもできるボイトレの方法を紹介していきます。

ビブラートのコツをつかんで、ぜひカラオケの採点で高得点をたたき出しましょう!そして一緒にカラオケを楽しんでいる人たちを驚かせちゃいましょう。

カラオケで高得点が狙えるビブラートのコツは?

カラオケをうまく歌う、さらには採点で高得点を出すにはビブラートの習得は外せませんよね。

もちろん正しい音程で歌うなどの必要もありますが、ビブラートで加点をいただきたいところ。

そこで、カラオケでビブラートを使えるようになるコツを紹介していきます。

ビブラートがうまく使えるようになるコツを簡単にあげてみると、

  • 腹式呼吸を練習して習得する
  • ビブラートをたくさん使って歌う歌手の曲を歌う
  • 裏声を出す練習

ひとつずつ細かくみていきましょう。

腹式呼吸の練習

ビブラートは喉で出すものではなく、腹式呼吸での発声で習得できるものとされています。そのため、腹式呼吸の練習、そして習得は必要不可欠なポイントです。

また、息が続かなければビブラートを出すことさえできません。ですので、まずは正しい腹式呼吸を練習して習得することから始めましょう。

ちなみに、腹式呼吸で発声するときは、喉をリラックスさせてくださいね。

ビブラートをたくさん使って歌う歌手の曲を歌う

ビブラートを多用する歌手の曲をたくさん歌うことで、自然とビブラートを習得できる人はたくさんいます。

そのため、自分の声質や音域にあったビブラートを多用する歌手の曲を探してみてください。そして、その曲をたくさん練習してください。

ちなみに女性歌手ですと、浜崎あゆみや小柳ゆき、AIなどを歌ってみてはいかがでしょうか?それぞれのアーティストで好きな曲がある場合は、その曲をたくさん歌い、採点で高得点がでるようにビブラートを習得してくださいね。

裏声を出す練習

息もれがあるような裏声が出せるということは、声帯がリラックスしているという状態を作り出せています。ビブラートも声帯がリラックスしていないと出せない技。そのため、声帯をリラックスさせる状態を作る練習をするために、裏声を出す練習をするのです。

裏声を習得し、声帯がリラックスしている状態を作り出せるようになると、自然なビブラートを出せるようになるんです。ぜひ、ビブラート習得のためにも、裏声を出す練習をしてみましょう。

ロングトーンとビブラートは両立して高得点を狙える?

カラオケの採点で高得点を狙うとなると、ビブラートだけではまだまだかもしれません。ロングトーンとビブラートを両立して高得点を狙ってみましょう

ビブラートは、長い秒数かければいいということでもありません。というのも、長い秒数ビブラートをかけることで、初心者は特に音程が安定しないからです。

音程が安定しないということは、カラオケの採点にも響いてしまいます。そのため、ロングトーンにも気をつける必要があるわけです。

ロングトーンのポイント

ロングトーンは、ただその音をのばせばいいということでもありません。初めの音、つまり出だしの音の音程をきちんと合わせ、そのまま音程を保って音をのばす必要があります。

ロングトーンの最中に強弱をつけることもありますが、強弱ばかりにとらわれていると、音を強く出した時に音程が上がってしまうなどのリスクがあります。そのため、ロングトーンの最中の強弱にも気をつけておくといいでしょう。

ロングトーン中のビブラート

また、ロングトーンの最中にビブラートを入れるのは、1回~2回程度にしておきましょう。

あまりにたくさんのビブラートを入れてしまうと、音程が安定しないうえに、聞いている方もなんだか疲れてしまいます。

カラオケの採点で高得点を出したいからといって、ビブラートのかけすぎはダメ。さらに、採点で高得点が得られたとしても、聞いている人が不快に思ってしまっては、意味がありませんよね。

そのため、ロングトーンの最中のビブラートは、1回程度、さらに秒数も短めに設定しておきましょう。

初心者でもできるボイトレ法は?

カラオケの採点で高得点を出すために、ボイトレに通いたいなと思う方も多いかもしれません。ですが、ボイトレに通うとなると、時間もお金もかかります。プロを目指すのであれば、ボイトレに通うことは必須。ですが、カラオケの採点で高得点を出すために、ボイトレに通うとなると気持ち的にも続かないかもしれません。

そこで、自宅でも簡単にできるボイトレ法をいくつか紹介します。まずは自分だけの力でボイトレをし、カラオケ採点の得点をあげてみましょう。

もちろん自分だけの力では無理だと感じた場合、もっとうまくなりたいと思った時には、プロのトレーナーさんにボイトレを習いに行きましょう。自分に合ったトレーナーさんに出会うことができれば、グンっと成長できるはずですよ。

ボイトレ法①

まずは簡単にできるボイトレ法を紹介します。

  1. 壁に背中をつけて、空気イスをします。
  2. 足は90度にまげ、上半身はリラックスしましょう。
  3. この体勢で歌を歌います。

このボイトレ法で歌ってみると、いつもより声が通る感じがします。喉にも負担がかからない歌い方ができるため、この歌い方を習得してみましょう。

ボイトレ②

何度も出てきた腹式呼吸の練習も必須です。

  1. 正しい姿勢を保ちます。
  2. 胸に息を入れるのではなく、お腹に空気をためていくイメージで呼吸します。
  3. 胸式呼吸よりも腹式呼吸の方がたくさんの息を吸うことができます。

腹式呼吸を習得して、たくさんの息を吸い歌うことができるようになると、ロングトーンなどの技術があがるでしょう。さらに、ブレスをする回数も減って、より素敵な歌を歌えるようになるはずですよ。ぜひたくさん練習してくださいね。

ボイトレ③

長く息を吐けるようになる練習もしておきましょう。

  1. 腹式呼吸法で息をたっぷりと吸い込みます。
  2. 歯と歯の間から「スー」と息を吐きだします。
  3. 30秒一定の量を守り、息を吐きましょう。
  4. 30秒間「スー」と息を吐くことができるようになったら、60秒にチャレンジしましょう。

一気にたくさんの練習をしてしまうと苦しくなるため、休み休み行なってくださいね。また、30秒間息を吐くことができなかった場合は、吐き出す息の量を少なくしたり、吸う息をもっとたくさんにしてみるなどの調整をしてみましょう。

まとめ

カラオケの採点で高得点を出すために、ビブラートを取得するコツ、ロングトーンとビブラートの両立について、さらには、初心者でも自宅でできるボイトレ法を紹介してきました。

カラオケに行ったら、誰もがうまく歌を歌いたいと思うはず。そして、カラオケ採点で高得点をたたき出したいとも思いますよね。

そのためには、まず練習が必要です。ビブラートを自然にかけられるようになるまで、腹式呼吸の練習、さらにはカラオケに通い、習得したい曲をたくさん歌って練習しましょう

また、高得点を出したいからといって、ビブラートのかけすぎはダメ。音程が安定しないだけでなく、聞いている人に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

ぜひ、適度にビブラートを盛り込み、音程を安定させ、カラオケ採点で高得点を出してくださいね。紹介したボイトレ法を試し、たくさん練習してくださいね。