ピッコロ

ピッコロの値段相場や中古の値段!安い楽器と高い楽器の違いと初心者が購入するべきおすすめ楽器も


ほとんどの楽器の値段はお手軽に買える安価のから手が出せないような高価のまであるのは、皆さん大体想像がつくと思います。新品ならまだしも中古の楽器になると個体差が生まれてくるため選んでいくのも大変ですよね。

もちろん今回紹介するピッコロも例外ではありません。

では実際に具体的な値段についてや、初心者の皆さんがピッコロを選ぶ際の基準やメーカーについてこれから見ていきます!

ピッコロの値段の違い!高い・安い楽器はどれくらい?

冒頭でも述べましたがピッコロの値段は、他の楽器同様にピンからキリまであります。安いものですと初心者入門セットで1〜2万円台のものから、高いものだと何十万、何百万円のものがあります。

安いもの、しかも初心者セットですとサクラ楽器オリジナル 初心者入門セット』というものがまず挙げられます。

こちら、クロス掃除用のポリシングガーゼ譜面台ケースなども付いておりお値段はなんと20,000を切ります。

初心者の皆さんにとって魅了的であると思います。色んな通販サイトのレビューも悪くありません。

一方で高価なものの一例としてV.Q.POWELL
グラナディラ&14K メカニズム』が挙げられます。お値段なんと155万円。簡単には手は出せませんね。

”音色、操作性、スケール、イントネーション全ての面で、他の追随を許さないパウエルハンドメイドピッコロ ”と謳っています。

 

ざっくり挙げてみましてが世の中にはもっと安いもの(中国製のものなど)や価値が付けれないほど高価なものも存在するはずです。探してみるのも面白いかもしれません。

 

それでは初心者の皆さんが実際に楽器購入にかけるお金の相場はどうなっているのか、見ていきましょう!

 

初心者が購入する楽器の値段の相場は?

まず、初心者の皆さんは「まずは安いものから買ってみよう」と妥協してしまうのはやめてください!

楽器屋さんなどで試奏した時に自分の好みの音が絶対に見つかるはずです。そこで値段で妥協してしまうのは後々後悔することになります。

とは言いいましても何百万円のピッコロを買う必要はありません!大体10万円から20万円の価格帯のものを選んでいけばほぼほぼハズレはないでしょう。

では実際に初心者の皆さん向けおすすめメーカーについて、もっと詳細を見ていきましょう!

初心者購入おすすめメーカー

初心者おすすめメーカとして、ここではPearl PF-525E』というシリーズを紹介していきます。

音に関して、豊かな音であり良い響きを得られ、発音がしやすいということで初心者の皆さんにとって扱いやすいものになります。

お値段が¥87,000とありますが、リッププレートとライザーが銀製であり高級感あふれる見た目になっています!

 

では次に実際にどのように楽器を選んでいけばいいか、紹介していきます!

楽器の選び方

まず第一に「とにかく安いものを買いたい」という考えはやめて下さい!

購入する際に判断ポイントを音に置かず、値段で妥協してしまうと後々後悔する事があるからです。下手に安くて粗悪なものを買ってしまうと音がだんだん気に入らなくなったり、あるいは頻繁に壊れてしまうかもしれません。

 

そして選び方はやはり実際に楽器屋さんで可能な限り何本か手にとって試奏してください。

ある程度は予算は決めていた方が良いとは思いますが、値段より先にを重視して下さいね!

そして自分が欲しい音、そして予算の兼ね合いによってベストな選択が出来るはずです!

 

YAMAHAで初心者におすすめは?

では改めてここでは数々の楽器製作を手がけているYAMAHAの、特に初心者の皆さんにぴったりな『YPC-81/82』というシリーズを紹介していきます。

 

こちらは圧倒的な吹き易さを誇っています。高音域も無理なく伸びやかに出す事ができ、何よりすべての音域において非常に安定しているとされています。

 

気になるお値段は20万円と少々お高めです。ですが初期投資をしっかりする事が節約にもなりますし、何より練習にも力を入れられる事が出来ると思うので、思い切って購入してしまってもいいかもしれませんね!

まとめ

ここまで初心者の皆さん向けにピッコロについて紹介していきました、いかがでしたでしょうか?

 

ざっくりここまでをまとめると、

・ピッコロの値段はピンからキリまである

・初心者の方の購入金額相場は約10〜20万円

・選ぶ際は試奏、音を重視、値段で妥協はしない!

になります!皆さん是非念頭に置いてくださいね。

 

そして、中古のピッコロについても注意してください!

まず中古楽器はコンデション保存状態などまさに十人十色であり、一本一本全く異なります。ですのでこちらは慎重に選んでください。試奏するだけでなく店員さんや詳しい人とじっくり相談した方が良いかもしれませんね。粗悪なものもあるかもしれませんし、中にはいわゆる脂が乗ったピッコロもあるかもしれませんね!

また、当たり前にはなりますが中古楽器は一点ものです!その一本が買われてしまったら、二度とその一本を手に入れる事がほぼほぼ出来なくなります。その一本に対して需要が多数あると考えても良いかもしれませんね。

 

新品にせよ中古にせよ、もちろん焦って決めてはいけません!

じっくり選んでいただいて、最高のパートナーと出会えればと思います!!